相続税対策

不動産の評価を下げるには

代表的な不動産の評価を下げる方法として、所有している土地にアパート等の賃貸住宅を建てたり、土地自体を貸すという手法があります。

賃貸住宅を建てると、そこに住んでいる借家人がいるので、土地や建物を所有者の勝手で処分したりする権利が制限されるので土地の評価が下がります。

同じように土地も貸すことで借地権が生じるので借地権相当額が控除された評価額まで下がります。

このように土地に賃貸住宅を建てたり土地自体を貸したりと、人に貸す事で相続税の節税を図る事が出来ます。

相続税対策での収益不動産の購入

現金や有価証券の資産が多い場合、収益不動産の購入もお勧め致します。 相続不動産の評価は現金や有価証券のように時価評価ではなく、路線価や固定資産税評価額にて評価するため土地建物の利用状況によって評価減となります。